妊娠と気になる体調

妊娠初期の食事の注意点

妊娠初期は、特に食事に気を使う時期ですよね。 つわりにより食べたい物が食べられない場合もありますし、体質が変化して味覚もどんどん変わってしまう可能性があります。

また妊娠の便秘を防ぐにも食事に気を配り、食物線維や乳酸菌を多く含むものを食べるようにしたいところです。

妊娠初期で一番大切なのは、バランスの摂れた食生活を行う事です。 妊娠中は体が資本なので、しっかりと食べて栄養を付けなければいけません。 バランスの摂れた食生活をしていれば、自分自身も胎児も健康的に成長していくのではないでしょうか。

また、妊娠初期に避けた方が良い食べ物もあります。 例えば、リステリア菌です。

リステリア菌は、ナチュラルチーズやスモークサーモン、魚や肉のパテ、生ハム等に含まれている食中毒菌です。 妊娠中は感染しやすく、母体が感染すると胎児にまで影響を及ぼすかも知れません。

これらの食品は出来るだけ気を付けて食べるようにし、菌が繁殖しないように十分に過熱をして食べるようにしましょう。

水銀も余り良く有りません。

魚は、良質な脂肪酸やカルシウム等体に良い栄養素が沢山含まれていますが、水銀も含まれているのです。

妊娠中に水銀を摂ってしまうと胎児に悪影響なので、出来るだけ魚介類も取らない方が良いでしょう。

勿論、注意するのはすべての魚と言う訳ではありません。 注意するべき魚は大型の食物連鎖の上位にいる様な魚たちです。 マグロ関係は特に、多くの水銀を含んでいる可能性があります。

逆に、アジやイワシ、魚卵は余り水銀が含まれていないので、食べても平気なのでは無いでしょうか。