妊娠初期 風邪 インフルエンザ

妊娠中は抵抗力が弱まっています。 その為、風邪やインフルエンザになってしまう人も入るでしょう。

 

出来れば普段から、うがいやマスクで予防をする事をお奨めします。 それだけでも十分風邪やインフルエンザを予防する事が出来ますし、母体を健康に保つ事が出来るのです。

 

もし、症状が出てきたら症状に対応した対策を医師と相談しながら取ってください。

 

熱を下げる場合は、アセトアミノフィンを使います。 胎児に影響をあたえず、安全に熱を下げる効果が有るのです。 安全に使用できる解熱剤なので妊婦にも良いのでしょう。

 

もし、風邪になってしまった場合は抗生物質を使わずに治して下さい。 基本的に風は、抗生剤を使わずに治す事が出来る病気なのです。 その為、安静にして栄養補給をして治す様にしましょう。

 

インフルエンザの基本は、事前の予防です。 妊娠前に事前にワクチン接種をして予防をする、妊娠中に不活化ワクチンを摂る等すれば、対策が出来るはずです。

 

インフルエンザにかかってしまった場合は、早い段階でタミフル等を服用すると良いでしょう。 出来れば48時間以内に服用する事で早期改善すると言われていますし、タミフルは胎児への影響が少ない薬なのです。

 

インフルエンザを放置するよりも、薬を飲んで早期改善した方が影響も少ないと言われています。

 

妊娠中は安静に、病気にならないように対策を行う事が重要です。 万が一病気になった場合は、産婦人科医と相談したうえで薬を飲む様にして下さい。