子宮内膜症

子宮内膜症と妊娠について

子宮内膜症とは、月経で流れた血の一部が卵管を通って逆流した際に、子宮口で排出する事が出来ないまま溜まってしまう状態の事を言います。 子宮内膜症になると、月経時に激しい痛みを伴うことになります。

 

妊娠できるかどうかという点では、子宮内膜症でも妊娠をする事は可能です。 子宮内膜症の多くは、出産の経験のない20代から30代に掛かると言われていますが、 もし子宮内膜症の方が出産を経験すると、その症状が軽減する場合もあるようです。

 

しかし、子宮内膜症の方が出産をする際には手術をしてからの妊娠となる事もあります。 完治が難しい病気であり、悪化すると子宮を摘出してしまう可能性もありますが、妊娠は不可能ではありません。

 

一方で、子宮内膜症の方は不妊になり易いとも言われています。 不妊治療を行っている方の2割から3割程度が子宮内膜症の可能性があり、子宮に負担が掛かっている状態なので子どもも生まれにくくなります。

 

子宮内膜症は出産や妊娠自体に、リスクは少ないと言われています。 しかし、あくまでリスクが少ないと言われているだけであって通常よりも大きな負担が掛かる出産ですし、子宮内膜症のせいでなかなか妊娠が出来ない人もいます。

 

子宮内膜症になった場合は、しっかりと治療をし、改善をする必要があります。 子宮内膜症は原因がいろいろあり、治療法も明確では有りません。

 

負担は通常よりも掛かってしまいますが、胎児への影響は無いのです。 通常の妊娠出産よりもずっと気を使い、安静にしながら生活をして下さい。