妊娠 風邪 薬

市販の薬は自己判断で使用しない

妊娠中に風邪をひいてしまった場合は、市販薬を服用せず産婦人科に相談しましょう。

 

市販のものは病院で処方されるものと比べると含有量が少なめで、効き目も穏やかなので胎児に奇形などを引き起こす可能性は低いと考えられていますが、鎮痛解熱剤や抗ヒスタミン剤など大量に服用すると胎児に影響を及ぼすものもあります。

 

長期連用や、特に妊娠末期の服用は危険を伴いますので、自己判断でなく必ず医師に相談しましょう。

 

妊婦さんに対して病院ではよく「PL顆粒」が処方されます。これは古くから使われている総合感冒薬で、配合成分が妊婦さんにも比較的安全と言われているものです。
鎮痛解熱剤ではアセトアミノフェンがほぼ唯一妊婦さんでも安全に飲めるものとなっています。

 

これも自己判断せず、産婦人科で処方されたもののみを服用するようにしましょう。また長期間の連用は避け、症状が緩和されて来たらすぐに服用を中止します。
漢方は比較的安全なイメージがありますが、有名な葛根湯などのなかにも、成分や量によっては悪い影響の出るものがまれに存在しますので注意しましょう。

 

一番良いのは風邪の引き始めのうちにビタミンなどの栄養をたっぷり摂り、温かくしてよく眠ることです。また手洗い・うがいをしっかりして、日頃から予防に努めましょう。