ラマーズ法とは

ラマーズ法とは、出産時に行う有名な呼吸方法ですよね。

 

元々ラマーズ法は、フランスのラマーズ医師が広めた方法なのです。 長年伝えられてきた呼吸方法は緊張を解きほぐし、弛緩効果ももたらしお産による恐怖も薄れていくのです。 出来るだけ自然な形で痛みを軽減しながらお産をする事が出来るのではないでしょうか。

 

ラマーズ法は、痛みを無くすものでは有りません。 陣痛の痛みは変わりませんが、落ち着いて呼吸をする事で分娩の緊張を和らげます。 機械等に頼らず、出来るだけ自分の力でお産を擦るためにラマーズ法はとても大切な方法なのです。

 

ラマーズ法は、母親学級で教わる事も多いですし、呼吸方法だけなら知っている人もとても多いですよね。 この呼吸方法に専念をする事で、人によっては陣痛や分娩の痛みもずっと軽減すると言われています。

 

一般的に知られる呼吸方法はヒッヒッフーというリズムですが、実は準備期、進行期等によって呼吸の仕方は違います。

 

陣痛の痛みは凄まじい物です。 痛みの余り呼吸が出来なくなってしまう人も多いでしょう。 勿論、今まで体験したことのない痛みにパニック状態に陥ってしまう人もいます。

 

そんな時に、ゆっくりと安心した呼吸を行うのがラマーズ法です。

 

母親が呼吸を出来ない状態では、胎児に酸素を送る事が出来なくなってしまい、産まれた直後の赤ちゃんの状態も悪くなってしまう可能性があります。 お産は大変な事かも知れませんが、出来るだけ落ち着いた気持ちで挑んでください。